電力自由化だからこそ電気代を見直そう!北海道でおすすめの新電力会社を徹底比較し、ランキング形式で紹介しています。

【電力削減】一人暮らしの方向けの新電力の選び方のポイント

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/04/12


一人暮らしの電気料金の平均額は約4,000円程度といわれています。平均よりも高いなら電気を使いすぎ、または割高なプランで契約している可能性もあるため、電力会社の選び方を見直すとよいでしょう。また、平均より安い場合でも、電力会社を変えるとさらにお得に使えることもあります。

一人暮らしの方が新電力に切り替えるメリット

新電力に切り替えるさまざまなメリットがあります。
3つをピックアップして解説するので見てみましょう。

月々の電気料金を安くできる

電力会社を自身で選ぶ最大のメリットは、月々の電気料金を安くできる点にあります。同じだけ電気を使用している場合でも、契約している電力会社によって料金は異なります。これは電力会社によってサービスを提供する金額が違うからで、より安値で利用できる会社を選ぶことで固定費を簡単に削減できるでしょう。電力会社はたくさんの種類がありますが、従来の大手電力会社に比べると、新電力会社は通常よりも割引した金額でサービスを提供する傾向があるため、電力自由化によって登場した新電力会社がおすすめです。

料金以外に特典がある

電力会社を選ぶメリットとして料金以外にも、会社ごとに違った特典を得られる点が挙げられます。新電力会社は安値の料金プランが魅力ですが、まだまだ大手電力会社の力は強く、従来通りの会社と契約し続ける人も少なくないでしょう。そこで新電力会社は料金の安さだけではなく、各種特典を打ち出して顧客の獲得を図っており、会社ごとに魅力的なプランを用意しています。どのような特典があるかは会社ごとに違うため個別にチェックが必要ですが、よりお得に電気を使うためのポイントやクーポンがもらえることが多いようです。

環境に優しい会社を選べる

新電力の中には、太陽光発電や風力発電、バイオマス発電などの再生可能エネルギーを積極的に調達・販売しているところがあります。また、電気料金の一部を環境保護活動への募金に充てている新電力もあります。環境問題に関心がある人は環境に優しい新電力を選んでみるのもいいかもしれません。

一人暮らしの方が新電力に切り替える際に気を付ける点

新電力に乗り換えると必ず電気代が安くなると勘違いしている方もいますが、実はプラン選びに失敗するとかえって電気代が高くなってしまうケースもあり、「基本料金0円」となっていても、普段の電気使用量が少ない方が乗り換えると電力料金が今までよりも高くなり、電気代自体は変わらないということもあります。

乗り換えに失敗するとメリットを実感できなくなるため、乗り換え前には必ず複数のプランを比較して、実際に検針票に記載されている使用量でシミュレーションをしてから電力会社・プランを決めるようにしましょう。また、少数ではあるものの、違約金が発生する可能性のある新電力もあるので注意が必要です。とくに長期契約することで電気料金が安くなる新電力は、予定よりも早く解約することで違約金が課される恐れがあるので注意が必要です。契約前に、違約金や解約条件について必ず確認してください。

ほかにも、新電力と契約したらスマートメーターの設置工事が必要な場合があります。スマートメーターの設置工事は原則として無料ですが、外壁や配線に問題がある場合や設置場所を指定する場合などには、別途費用が課される可能性もありますので、事前にスマートメーターの設置については確認しておきましょう。

一人暮らしの方が新電力に切り替える際の選び方のポイント

まずは電力会社を変えられるか確認しましょう

賃貸物件で一人暮らしを始める際には、まずは電力会社を変更できるか確認しなければなりません。基本的には賃貸でも自由に電力会社を選んで契約することは可能ですが、賃貸物件全体で電力会社と契約している場合は一括受電と呼ばれ、他の電力会社に変更することはできません。

ただし、一括受電だと電力会社を変えることはできませんが、マンションやアパート全体で契約している分、通常よりお得に使えるケースも多いです。そのため、「電力会社を変えられない=損をする」とは限らないことも覚えておく必要があります。

今の電気料金と比較しましょう

まずは現在の電気料金と契約先の見積もりの金額を比較して、本当に安くなるか確認することが大切です。とくに一人暮らしの場合は一ヶ月あたりの消費電力は少ない傾向にあるため、プラン次第では大手電力会社のまま使用した方がお得になるケースもあり、新電力会社に変更することで電気料金が高くなり損をする可能性もあります。契約先を選ぶときは一人暮らし向けのプランなどを提供している電力会社を検討し、それぞれの電力会社ごとの特徴とプランをチェックすることが大切です。

支払い方法を確認しましょう

電力会社によって採用している支払い方法にも違いがあります。大手電力会社であれば、銀行引き落とし、クレジットカード払い、コンビニ払いや現金手渡しなど、支払いの方法を選ぶことができますが、新電力会社の場合は決済方法が限定されていることが多く、カード決済だけ、口座引き落としだけということもあります。

 

一人暮らしで固定費を下げるには、電気料金を見直すのがおすすめです。電気料金は契約する電力会社を変えるだけでも、簡単に下げられますので電力会社の選び方を知り、コストを下げてお得に電気を使いましょう。

おすすめ新電力会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名エネワンでんきENEOSでんきauでんき北ガスの電気トドック電力
特徴価格の安さと安全性の高さENEOSカードでの支払いがお得au他サービスと請求をまとめられる発電時の排熱利用「天然ガスコージェネレーション」再生可能エネルギーの電力が使用できる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索