電力自由化だからこそ電気代を見直そう!北海道でおすすめの新電力会社を徹底比較し、ランキング形式で紹介しています。

賃貸マンションでも新電力会社に切り替えは可能?

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/30

電力の自由化によって電力会社を自由に選べるようになりました。北海道にも複数の新電力会社があり、選択肢が増えています。寒さの厳しい北海道では電気の使用量も多いため、なんとか安くしたいものですよね。今回は意外と知られていない、賃貸マンションの電力切り替えについてお話しします。

新電力とはどういった会社か

新電力とは、電気を販売する会社のことです。全国に10社あった大手電力会社とは違う、まったく新しい会社のことをいいます。今までは、大手電力会社が地域電力の発電から小売りまで独占していました。しかし、自由化が許可されたことで大手電力会社以外も一般家庭に電力の供給が可能となったのです。新電力では小売りがメインのため、大手電力会社のように発電を行う会社は少ないですが、同じように行う会社も存在します。

発電する場合も大型発電がメインの大手とは異なり、再生可能エネルギーを積極的に取り入れているのが新電力の特徴です。発電していない会社は発電事業者から電気を調達して販売を行っています。そのため、新電力会社と大手電力会社の電気の質は変わりありません。新電力会社と聞いて、電力は安全なのか不安になるかもしれませんが、購入している電力そのものは大手事業者からなので、どちらから購入して差がないのです。

そのため、使用感に関してはどちらから供給してもらってもいいというのが結論になります。新電力会社は誰でも電気の販売ができるわけではありません。国の審査を受けて、合格した会社のみが販売を許されます。登録事業者はきちんと経済産業省で確認することもできるため、信頼できる業者です。新しい業種のためどうしても不安といった場合には、ホームページで確認したうえで口コミや評判を調べてみるのもよいでしょう。

賃貸マンションでも乗り換えはできるのか

一軒家であれば電力会社を変えるのは簡単ですが、賃貸マンションでお住まいの方は乗り換えが可能なのか気になるでしょう。結論として、基本的には乗り替えは可能です。電力会社を選ぶ際に、管理人さんや大家さんの許可を取る必要はありません。賃貸マンションの乗り換えについては、資源エネルギー庁の公式ホームページでもきちんと記載がされています。

すでに敷かれている電線を利用するだけなので大がかりな工事も必要なく、変わるのは供給する会社なので許可は必要ないのです。乗り換えについても無料でできます。やることは、スマートメーターの交換くらいです。メーターは電力会社の所有物であり、交換作業も結構な頻度で行われているので問題になることもありません。スマートメーターが設置されている物件であれば、交換工事すら必要がないので安心して切り替えを検討できます。

新会社であれば電気代を安くできるので、エアコンを使うのを我慢する必要がなくなります。夏や冬の季節は、とくに電気代がかさむものです。北海道であれば、冬はずっと暖房をつけておく必要があるので、電気代もかかってしまうでしょう。電力の自由化によって、乗り換えが可能となった今だからこそ、自分の生活にあったプランや内容を見つめ直しましょう。今まで通り使っても、料金を節約できるのでおすすめです。

電力会社を変更する時の注意点について

賃貸マンションでも基本的には電力会社の乗り換えは可能ですが、できない場合もあるので注意すべきです。自分の住んでいるマンションでは切り替えできるのか、ぜひ知っておきましょう。

1つ目の注意点は、大家さんや管理会社に電気代を支払っている場合です。これは古いアパートやシェアハウスでよくある例といえます。大家さんが電気料金を徴収するケースの場合は、大家さんが契約している電力会社のプランが適応となるので、入居者が勝手に変更することは不可能です。

2つ目の注意点は、賃貸マンションが高圧一括受電をしている場合となります。高圧一括受電とは、マンション一棟が丸ごと電力会社と契約を結んでいることです。一括で受電することで、安い電気料金を設定しており、マンションの廊下やエントランスといった共用部分の電気代として活用されています。また、各部屋には一括で受電した電力を一般家庭でも使用できるように送り込むという仕組みを取っているので、一部屋だけ電力を変えるということが困難なのです。

3つ目の注意点は、家賃と電気代がセットになっている場合となります。セットで支払っているときは、管理会社が電力会社と契約していることが多いので、長期契約サービスでなにか特典を受けている可能性が高いです。契約の途中で乗り換えることで、違約金が発生する場合もあるので、嫌がる管理会社も存在します。料金を自分が会社と直接契約しているかどうか、確認しましょう。

 

電気の自由化によって、自ら電力会社を選択できるようになりました。大手電力会社と新電力会社で電気の質に差はないため、生活スタイルによってプランを見直す必要があります。料金を安くしたいと考えているなら、新しいプランを考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ新電力会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名エネワンでんきENEOSでんきauでんき北ガスの電気トドック電力
特徴価格の安さと安全性の高さENEOSカードでの支払いがお得au他サービスと請求をまとめられる発電時の排熱利用「天然ガスコージェネレーション」再生可能エネルギーの電力が使用できる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧