電力自由化だからこそ電気代を見直そう!北海道でおすすめの新電力会社を徹底比較し、ランキング形式で紹介しています。

新電力の電気代が高騰してしまったワケとは?その具体的な背景を学ぼう!

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/10/20


昨年の年末年始にかけて、新電力の電気代が高騰してしまったという話題がニュースになりました。いつもどおりにしか電気を使っていないのに、なぜ電気代が高騰してしまったのでしょうか。そこには新電力が提供する電気料金プランの特徴がありました。今回は、電気代の高騰が起こってしまった背景をまとめました。チェックしましょう。

まずは新電力とはどのようなものなのか理解しよう!

そもそも「新電力」とは何でしょうか。国が進める電力システム改革と呼ばれる法制度の改正で、これまでそれぞれの地域にいた「○○電力」と呼ばれる大手電力会社以外でも、電気を各家庭へ小売できるようになりました。

そうして登場した小売電気事業者と呼ばれる電力会社が新電力と呼ばれています。新電力の多くは小売を専門としていて、他の発電事業者が発電した電気を市場で買ってきて各家庭などの需要家に供給しています。物理的に電気を発電所から各需要家へ届ける仕組みは今までと変わっていませんが、電気の売り方が変わったのです。

こうして誕生した新電力は、さまざまな電気料金プランを用意して顧客の獲得に努めています。曜日や時間帯によって安くなるプランや、自社で既に提供している通信やガスといった他のサービスとセットにすることで安くなるようなプランを提供しています。その中に、市場価格に連動するプランを提供している新電力がありました。それが今回の話題を理解するポイントになります。

新電力の電気代が高騰してしまったワケとは?

市場価格に連動するとはどういうことでしょうか。新電力は他の発電事業者が発電した電気を電気の取引市場で小売する権利を買ってきて供給します。この市場価格は、発電できる量と使いたい量に応じて上がり下がりします。繁忙期のホテルの宿泊料金が高くなる一方で、オフシーズンの宿泊料金が安くなるのと同じ理屈です。

こうして日々、曜日や時間帯によって市場での電気の価格は変動しているのですが、これに応じて電気料金が「時価」で変わっていくというプランです。このプランのメリットは、市場で電気が余りがちな時は連動して電気代が安くなることです。一般的な電気料金プランでは、初めに決めた料金で固定されるので市場で電気が安くなっていても需要家がその恩恵を受けることはありませんでしたが、市場連動プランだと市場での電気の価格が下がることで、需要家もその恩恵を受けることができるようになります。

しかし、同時に、市場での電気の価格が上がれば、需要家が負担する電気代も上がってしまいます。今回の高騰は、そうした市場での電気の価格の値上がりが継続的に起こってしまったことによります。一時的に上がるだけであれば、それほど問題にはならなかったのですが、燃料代の高騰に加えて電気の需給バランスが逼迫してしまい、結果として市場での電気の取引価格が上がってしまったのです。

新電力を選ぶ上で注意するべき点

新電力が登場したことで、実にさまざまな電気料金プランが登場しました。私たちは、そうしたたくさんある選択肢の中から、自分のライフスタイルやニーズに合った料金プランを選ぶことができるようになったのです。一方で、今までにはなかったような料金設定や条件もあるので、単に「安くなる(ことがある)」という謳い文句だけを鵜呑みにせず、どういった条件のときにどのように電気代が計算されるのかをしっかり見ておく必要があるでしょう。

市場連動プランの場合、デメリットが前面に出てしまう状況が続いてしまい「問題」になってしまいましたが、電気料金プランが自由になったということは、電気を買う側もそのプランの特性をしっかり理解して契約することが今までよりも求められるようになったということです。

そのためには、契約しようとしている電力会社のパンフレットや契約条件をよく読み、営業マンの話をよく聞き、どういう場合は有利で、どんな場合は不利になるのか、ということをよく理解することです。そして、そういうことを丁寧に納得がいくまで説明してくれる電力会社を選ぶということも重要でしょう。一方的に勧めてくるような電力会社では、そういった充分な検討もできないまま契約に至りかねません。ネット上の評判なども加味して、信頼して話ができる電力会社の中から最適な料金プランを選ぶことがポイントです。

まとめ

今回は、新電力の電気料金プランで電気代が高騰してしまったという話題の背景について解説しました。電気の売り方が自由になったことで便利になりましたが、いろいろな条件の下で供給されるようになったため、自分が契約しようとしているプランで有利になる条件だけでなく不利になる条件もしっかり理解することが重要です。契約内容について理解したうえで契約すれば、「やっぱりやめておけばよかった」と後悔する危険性が下がります。これから新電力の契約を検討している方の参考になれば幸いです。

おすすめ新電力会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名エネワンでんきENEOSでんきauでんき北ガスの電気トドック電力
特徴価格の安さと安全性の高さENEOSカードでの支払いがお得au他サービスと請求をまとめられる発電時の排熱利用「天然ガスコージェネレーション」再生可能エネルギーの電力が使用できる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧